交通安全白書

去年1年間の交通事故の死亡者数は、14年連続で減少したそうだ。2015年版「交通安全白書」によると、交通事故で死亡した人は4113人。前年より、260人減った。交通事故の死亡者が増え、一時、交通戦争なんて言われていたこともあった。

死亡した人を年齢別に見ると、65歳以上の高齢者が全体の53.3%を占めている。これは、警察庁に統計が残る1967年以降、最も高い割合となっている。高齢ドライバーに対する運転講習や啓発活動などを充実していくそうだが。高齢者の事故が増えたことで、保険料が上がるという話もあって、何かいい対策を考えないといけない。普段、車を運転していても怖いなぁと思う高齢の運転手がいる。まぁ、高齢者だけ特別ということではないかもしれないが。やはり、怖い。それに、地域ではちょっとした有名人がいて、その人はわざとゆっくり走る。カメラを搭載しているという噂もあるが。追い抜くと、クラクションを鳴らされる。ゆっくり走ることが必ずしも安全というわけではない。
自動車保険 安い保険料にするための6つのポイント

About The Author

user046